歯医者さんの定期検診に行って、何歳になってもおいしくご飯を食べよう!

そもそも歯科の定期検診は必要なの?

体調が悪くなければ、わざわざ病院へ検診をしに行くのは誰もが嫌だなあと思うもの。でも自分では『歯や歯茎が痛いわけではないから検診に行かなくても大丈夫』と思っていても、実際に歯医者さんや歯科衛生士さんに見てもらうと色々とトラブルを抱えていることが少なくありません。そこでかかりつけの歯医者さんを見つけ、定期的に歯科検診を受けることをお勧めします。

歯科検診ではどんなことをするの?

定期的な検診であれば歯垢(プラーク)や歯石の付着具合を確認したり、歯周ポケットの深さをチェックします。また初めての検診であれば歯のレントゲン写真を撮ったり歯の噛み合わせをチェックすることもあります。その後歯石を取ってもらったり、歯ブラシを使った歯磨きの方法を教わることもできます。

もちろん歯や歯茎などに異常がないかもしっかりチェックしてもらえるので、病気の早期発見・早期治療にもつながります。

どれくらいの間隔で通えばいい?

大雑把に言って2~3か月に1度の間隔で歯科に通うのがベストです。かなり頻繁だな、と思うかもしれませんがこれにはもちろん理由があります。

虫歯や歯周病の原因になる歯垢は毎日歯磨きをして落とさなければいけないのですが、実はちゃんと磨いているつもりでもすべてを取り除くことができません。そして磨き残してしまった歯垢は時間が経つにつれ歯石となってしまいます。歯石になってしまうと歯ブラシでは取り除くことができなくなるので、歯医者さんへ通って歯石を取り除いてもらう必要があります。そして歯石が溜まり始めるのが、歯医者さんで歯石を取り除いてもらってからおよそ2~3か月後なのです。

定期検診を受けるのは億劫ですが、将来の自分のために最初の一歩を踏み出しましょう。

荻窪での歯科で探してみると、虫歯や歯周病の予防を重視したり、定期メンテナンスやホワイトニングを行ってくれるところがあります。