医療機関で安全安心に!ほくろを除去しよう

医療機関で除去できるほくろ

ほくろの正式名称は色素性母斑というもので、大きさはさまざまで体のあらゆる部位にできます。そのため目立つ部位にできることもあり、メイクなどで隠すことができずに悩みの種になることもあります。そのような悩みを解決するひとつの方法がほくろの除去です。ほくろは医療機関で適切に診察を受けることで跡を残さずに除去することが可能です。

保険適用となる方法を考える

医療機関において除去する方法としてはほくろを切除する方法と、医療用のレーザーを使用して除去する方法があります。切除する方法においてはほくろができている部位の皮膚を切除して縫合するという方法です。一度の治療で除去することができますし、さまざまな大きさのほくろに対応しています。縫合するので数日経過したのちに抜糸をする必要があります。また、大きさによってはわずかながら傷が残る可能性があります。切除する方法では治療は保険適用となるので医療費の自己負担が少なくて済むメリットがあります。

きれいに治すレーザー治療

レーザーを使用する除去方法の特徴は、ほくろに対してピンポイントに照射することから周辺の皮膚に与える影響が最小限で済むということです。レーザーの照射時間はわずかであることから治療時間が短くて済むこともメリットです。大きさにもよりますが、跡を残さずに除去することができるので、目立つ部位にできている場合に人気の方法です。ただ、保険適用外の治療となるので医療費は全額自己負担となります。除去したいほくろの数や医療機関ごとの料金を比較することがポイントです。

気になるほくろがある場合、美容外科クリニックで除去してもらうことも可能です。レーザーでほくろ除去をする場合には、クリニックの情報を集めてどこを利用するか判断することも忘れてはいけません。